土木・建設用語辞典

【基礎・土構造】 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

【あ行】

—————【あ】——————

アースアンカー

定着対象地盤が砂層、礫層、ローム層、土丹層などであるもの。岩盤に定着するロックアンカーとは区別する。

アースドリル工法

表層ケーシングと安定液により孔壁を保持しながら回転パケットで地盤を削孔し、地上で組んだ鉄骨かごを建て込んだ後、コンクリートを打設して杭を築造する工法。場所打ち杭工法の一つ。

アーチ作用

土中の一部が変形するとき、その部分を通じ伝達されていた応力が周辺にアーチ状に伝達される現象のこと。

RC杭[アールシー〜]

工場生産の既製鉄骨コンクリート杭。

アイソレーター

振動物体と上部物体との間に入れ、振動力を吸収する役目を果たすもの。

アイランド工法

山留め壁が自立できる範囲において、内側にのりを残して中央部を先行掘削した後、床付け可能な躯体構築を行い、次に躯体と山留め壁の間に切ばりを架設しながらのり部分の掘削と躯体の構築を行う工法。躯体の平面寸法に比べ掘削深度が浅い場合に適している。

アンカー

地盤中にPC鋼棒、PC鋼線、ストランドなどの引張材を打設し、これを緊張することにより構造物からの荷重を地盤に伝える構造体。

暗渠

地表の残留水、または浅層の地下水を除くために地下に埋設された排水施設のこと。

アンダーピニング

既設構造物の支持力不足、既設構造物の近隣または直下での地下構造物の建設、既設構造物の移動など、以上のようなケースにおいて既設構造物に対し基礎を新設、改築、増強する工事のこと。

安定解析法

地盤の安定性を解析する手法のこと。土構造物の設計や地すべり、山崩れなどの対策、安全性の確保のために活用される。

安定処理工

土を化学的に安定処理する工法のこと。

—————【い】——————

一重締切り

海中や河川の鋼矢板、鋼管矢板、木矢板などを一列に打ち込んで止水する工法で、仮締り工法の一種。狭い場所における仮締切りには有利だが、水深が大きい場所や偏在がかかりやすい場合には適さない。

—————【う】——————

ウェルポイント工法

掘削部分の両側、または周囲にウェルポイントという吸水管を1〜2mほどピッチに打ち込み井戸のカーテンをつくり、地盤内の地下水を排除することにより掘削内部への地下水の流入をさえぎる工法のこと。

浮き基礎

基礎の根入れを深くし、掘削により排除する土の重量を建物荷重より大きくして地中応力の増加を防ぎ建物の沈下を抑制する工法。

浮き杭基礎

杭の先端を支持層まで到達させずに、杭と地盤の摩擦により支持する基礎のこと。

打込み杭

既製杭に打撃力、静的な外力を加えながら杭を貫入、打設する工法のこと。

打込み定規

>>テンプレート

埋込み杭

地盤を掘削しながら埋め込むことによって、あるいは杭の全長と同じ深さまで掘削した地盤中に施工された杭のこと。

埋戻し

地下構造物の構築時に、根切りにより余分に掘削した場所を構造物の施工完了後に土砂で埋め、掘削前の状態に戻すことをいう。

—————【え】——————

エアリフト工法

エアリフトポンプを使用して排水や揚水と一緒に排水を行う工法のこと。

永久アンカー

永久(一般的に2年以上)に使用することを目的としたアンカーのこと。使用目的により5種類に分けられる。

液状化対策工法

液状化の発生を防止するための対策工のこと。締固め工法、固結工法、間隙水圧低下工法、変位抑制工法など、工法原理により分類される。

SDI工法[エスディーアイ〜]

構造物補修工事で劣化したコンクリート部分を研磨材を混入した水をポンプで加圧噴射させることのできる高圧水の力で、はつり処理(除去)する技術。ウォータージェットによるはつり処理は、ブレーカ等の打撃はつりに比べて品質が良く構造物補修後の寿命が向上する。

—————【お】——————

オーガーボーリング

人カあるいは機械的方法でオーガーに推進力を与え、水を使用せずに地中に回転圧入してボーリングする方法。

オーバーコンパクション

含水比の高い粘性土を締め固める際、突固め回数、転圧回数などの締固めエネルギーが大きくなると、繰り返し作用によるせん断破壊のために強度が低下する現象。

オープンカット

山留めの有無にかかわらず、掘削部が露出した状態で地表面から地盤を根切りする工法の総称。

オープンケーソン

主として鉄筋コンクリートで構築した筒状構造物を地盤上に据え、クラムシェルなどで底面の掘削を行い、土砂を排出することによって地中に沈下させ、所定の支持地盤に到達後、底盤コンクリートと頂版コンクリートを施工して完成する基礎構造。井筒、またはウェルともいう。

オールケーシング工法

フランスのベノト社で開発した大口径掘削機を用いてオールケーシングにより地盤を削孔し、地上で組んだ鉄筋かごを建て込んだ後コンクリートを打設して杭を築造する工法で、場所打ち杭工法の一種。ベノト工法ともいう。

陸打ち(おかうち)

根切り底に杭打ち機械を設置することなく、根切り前に地表面で杭頭の深さを考慮し、やっとこを用いて杭を打ち込む方法。やっとこ打ちともいう。

押え盛土工法

盛土や斜面ののり先に盛土を行うことにより安定を図る工法のこと。

押込み杭

杭打ち機や既設の杭から反力をとって押し込むことにより杭を設置する工法。打込み杭工法の一つ。

親杭

山留め工事において、地中に打設され横矢板に作用する土圧を支える杭。H形鋼、I形鋼、レールが使用される。

親杭横矢板工法

根切り工法に使用される山留め工法の一つ。横矢板には木矢板やバタ角などが使用される。親杭の施工は打込みの他、市街地では騒音・振動問題を考慮し、オーガーやボーリングマシンで削孔した後に挿入する方法がとられる。