土木・建設用語辞典

【土質・地盤】 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

【あ行】

|う|

—————【あ】——————

RI[アール・アイ]

Radio Isotopeの略。ボーリング孔内や地表面付近で人口放射線を放射し、ある距離をおいてそれを測定することにより密度や水分量を測定する。

AE[アコースティック・エミッション]

個体材料が変形破壊する際に、弾性ひずみエネルギーの一部が音となって放出される現象。

圧縮指数

圧密試験で得られるe-logp曲線において、圧密降伏応力以上の直線部分の傾斜を表す指数。圧密沈下量を求める際に使用される。

アッターベルグ限界

>>コンシステンシー限界

圧密

静的な荷重を受けて土の体積が減少し密度が増すこと。飽和粘土においては、荷重を受けることにより過剰間隙水圧が発生し、間隙水を徐々に排出しながら体積が減少する。

圧密係数

圧密進行の速さを表す定数。

圧密降伏応力

粘土の圧密過程において、弾性的(可逆的)な挙動を示す過圧密域から塑性的(非可逆的)な挙動を示す正規圧密域に移行する境界点の応力。

圧密沈下

時間依存性の沈下で、圧密により地盤が沈下する現象。

圧密度

圧密の進行の過程を表す係数。

安息角

砂や礫など粘着力のない土を締め固めずに軽く盛り上げたとき、斜面が安定を保ち得る最大の傾斜角。理論上、緩詰めの砂や礫の低拘束圧下での内部摩擦角と一致。

安定数

斜面の安定性や土留め工での掘削時の周辺地盤の平衡状態を示す。

安定図表

単純斜面における安全率を簡潔に求めるために用いられる図表。

e-logp曲線[イーログピー〜]

土の圧縮性を表す曲線。横軸に対数目盛で圧密圧力を表し、縦軸にそのときの間隙比の関係を表した曲線で、土の圧縮試験結果を整理する一つの方法として用いられる。

—————【い】——————

位相速度

特定波数の波の山・谷が進んでいく速度のこと。

一次元圧密

圧縮変形と間隙水の流れが鉛直方向にのみ発生する圧密現象。

—————【え】——————

鋭敏粘土

鋭敏比が高く、繰り返しなどの乱れによる強度低下が大きい粘土。

鋭敏比

粘性土の乱れによる強度低下の過程を示す指標。

液状化

地下水位以下の緩い砂地盤が、地震時に泥状化し強度・支持力を失う現象。

液性限界

練り返し細粒土のコンシステンシー限界のうち、液性状態と塑性状態の境界の含水比。

液性指数

自然含水状態における細粒土の硬軟の程度を示す指数。

S波(エス〜)

横波、せん断波ともいわれ、地震時に発生する弾性波のこと。P波に続く第二波(secondary wave)。

枝谷

河川の本流から枝分かれした谷。本流の堆積物で出口が閉鎖され停滞水域となり、有機質土や泥炭が堆積し軟弱地盤が形成される。

X線分析

X線を物質に照射し結晶構造を解析する「X線回折」、照射により発生する固有X線の波長から構成元素を分析する「蛍光X線分析」などの種類がある。

N値(エヌ〜)

地盤の硬軟や支持力などを推定する動的なサウンディング方法。標準貫入試験時に、63.5kgのおもりを75cm自由落下させ、レイモンドサンプラーを30cm貫入させるのに必要な打撃回数のこと。

NP(エヌ・ピー)

粘土包有量が少ない土で、液状限界や塑性限界が求められない場合のこと。

塩基性岩

SiO2が比較的少ない(45〜52%程度)火成岩、玄武岩、班れい岩など。

円弧すべり

粘着性のある斜面で生じる、すべり面の形状がほぼ円弧となる斜面崩壊。

—————【お】——————

応答解析

地盤あるいは地盤−基礎−構造物系の地震時応答を対象とした動的解析。解析手法は時間領域と振動数領域の解析に大別される。

応答スペクトル

ある入力地震動に対する構造物の応答特性を表すために、与えられた地震波形に対する構造物の最大応答値(加速度・速度・変位応答)を、固有周期に対して減衰別にプロットしたもの。

応力解放

1.土質試料のサンプリングにおいて、試料を地中から取り出すことによって原位置で土に作用していた応力が解放されること。 2.切土、トンネルなどの掘削工事を行うことによって現地盤に作用していた応力が解放されること。

応力経路

2つの応力成分を両軸にとった応力座標上で、せん断過程における土の応力状態の変化を軌跡として表したもの。応力座標としては、せん断面上の直応力とせん断応力を選ぶベクトル・カーブと、主応力座標によるものとに大別できる。

応力制御

土のせん断試験における供試体への載荷法のうち、応力または荷重の加え方を制御する方法のこと。供試体の変形を制御する方法と比較して、載荷初期の小さなひずみにおける応力とひずみの関係がより正確に測定できる。

オーバーコアリング

既設の孔より大きい径の孔を既設の孔に重ねて掘ること。地中応力を求める測定法の一つ。

押し被せ断層

>>衝上断層

溺れ谷

海面上昇により海底に沈んだ旧河床のこと。この溺れ谷が海成堆積物で埋め立てられ埋積谷となる。

温泉余土

火山活動で噴火した熱水、蒸気、硫気などの作用により生成された粘土質物質。酸性泉ではカオリナイトが主な粘土鉱物であるが、中性からアルカリ性ではモンモリロナイトが主となり膨潤性が大きいため、トンネルでの土圧や地滑りの原因となる。