土木・建設用語辞典

【土質・地盤】 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

【は行】

—————【は】——————

パーカッションボーリング

ワイヤーで吊したバブルビットを孔底で70cm程度上下運動させ、その衝撃力で孔底を掘削、かくはんさせて土砂をバブルビットに入れ回収するという作業を繰り返し行うことにより、所定の深さまで掘進する工法のこと。

背斜

正確には凸面の内部に、より古い層があるしゅう曲構造と定義されるが、通常は上方に凸の構造を背斜とすることが多い。地質図では、背斜構造の頂部を結んだ線を背斜軸として示してある。

灰土

風化火山砕屑岩の俗称で、熊本県に分布する火砕流堆積物の一種。垂直に切土することが可能だが、乱した場合は極端に軟化してしまう。

ハイドロリックフラクチャリング

岩盤、土中に、水圧によって亀裂が生じることをいう。

挟み層

>>シーム

バルキング

乾燥砂に加水し混合すると、見かけの粘着力や毛管力によって、土粒子の移動が妨げられ間隙が大きくなり、乾燥状態より体積が増加する現象。

ハロイサイト

カオリン蛇紋石族の粘土鉱物。白、淡緑、淡紅色を呈し土状を示す。鉄を含むと褐色となる。金属鉱脈、硫黄鉱床の母岩の変質鉱物、火山灰の風化生成物(関東ローム)として産する。不純物を含んだものをカオリンという。

反射波法

地表から波動を発生させ地下からの反射波を観測することによって地質状況を調査するという、地質調査法の一つ。比較的短い側線で深部の探査が可能。

盤膨れ

軟らかい粘性土を掘削する際、掘削の外側における土の重量によって、掘削底面の土が押し上げられ、外側の地盤が沈下する現象をいう。ヒービング、膨れ上がりともいう。

—————【ひ】——————

被圧水頭

被圧地下水における地下水位のこと。

P波速度

地震によって発生する弾性波のうち、P波(縦波)の伝播する速度のことで、岩盤などの強度を示す指標となる。S波速度の約1.7倍。

ヒービング

>>盤膨れ

ビショップ法

斜面安定解析の円弧すべり円法の一つ。すべり土塊の鉛直スライス間でも力のつり合いを考えている点が特徴。

歪み制御

土のせん断試験の際、供試体への荷重の加え方を一定速度で連続的にひずみ、変位を増加していく方法。これによりピーク強度が正確に求められる。

左ずれ断層

横ずれ断層のうち、向こう側が左側方向に動く断層のこと。日本における代表的なものとして、阿寺断層、梶尾谷断層(いずれも糸魚川─静岡構造線の中央部に位置する)などがある。

非排水剪断強さ

粘土に通常の速度で載荷すると、透水性が低いため非圧密非排水状態でせん断破壊する。そのときのせん断強さのこと。

表面波

地震や交通・機械振動が原因で発生する、地表面に沿って伝わる波動のこと。振動のエネルギーが地表面付近に集中するのが特徴。レイリー波やラブ波などが代表的。

—————【ふ】——————

風積土

風によって運搬された土粒子が堆積したもの。一般的に粒径が均一。大陸域のレス(黄土)、日本では関東ロームをはじめとする火山灰や砂丘砂などが代表的。

複合滑り面

斜面の安定解析において、すべり面の形を直線、折線、円弧、対数ら線などを適宜組み合わせたものをいう。

膨れ上がり

>>盤膨れ

腐植土

植物遺体が分解したものと土が混合したもののことをいう。

不整合

ある地層が堆積後隆起し、風化、浸食作用により削剥を受けた後、再びその上部に新しい地層が堆積した場合、両方の地層の関係を不整合といい、両地層の境界面を不整合面という。

不同沈下

構造物の基礎の沈下量が場所により異なり、一様ではないこと。

不飽和土

土中の間隙に空気や水蒸気などの気体が残っている状態の土のこと。

プレートテクトニクス

地球上の表面が厚さ70〜100kmのプレートという一枚岩の地殻から成り、それが相対的に運動しているとする学説。地震の発生や山脈・海溝の成因などの説明に用いられる。

—————【へ】——————

平面歪み状態

一方向が特に長い堤上構造物などの場合、その方向のせん断ひずみが生じないため、軸に直交する面の問題として取り扱えるような応力─ひずみの状態のこと。

偏圧

地すべりや急斜面地において、構造物に非対称に作用する土圧のこと。

変形係数

土や岩石の応力─ひずみ曲線の勾配をいう。

変成岩

既存の岩石が熱や圧力などの変性作用により、その鉱物組成や組織が変化した岩石の総称。千枚岩・結晶片岩・片麻岩などの広域変成岩、マイロナイトなどの動力変成岩、ホルンフェルスなどの接触変成岩など、受ける変成作用の種類により分類される。

—————【ほ】——————

ボイリング

地下水位の高い砂質地盤を掘削すると、根切り底で上向きの水の流れが生じる。上向きの水圧が、水中の土粒子の自重に等しくなると土粒子がかくはんされて湧出する現象のこと。

飽和土

土中の間隙が水で完全に満たされた状態の土のこと。

ホルンフェルス

砂岩、頁岩、粘板岩などが熱による変成作用を受けた、接触変成岩の一種。組織は再結晶し細粒緻密であり、片理の発達は見られない。