土木・建設用語辞典

【鉄道】 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

【さ行】

|そ|

—————【さ】——————

砕石路盤

軟弱部に砕石を敷設し、路盤の強化を行い列車走行の安定を図る工法。

最適軌道構造

年問資本+保守費を合計した年問経費において、極小値を与えるような軌道構造。一般的に軌道の新設および改良時の基準構造としている。

三枝分岐器

1つの軌道から他の2つの軌道に分岐させるための機器。2台の分岐器を重ね合わせた構造で、複分岐器と同様にヤードなどで分岐器群部分の長さを短縮する目的で使用する。

3線式分岐器

広軌と狭軌など軌間の異なる2本の軌道が兼用されている軌道に用いる。

—————【し】——————

シーサースクロッシング

2組の渡り線を交差させて重ね合わせたもの。4組の分岐器と1組のダイヤモンドクロッシングとこれらを結ぶ一般軌道から構成されている。

CTC[シー・ティー・シー]

Centralized Traffic Controlの略で、列車集中制御装置のこと。多数の信号設備を遠隔集中制御しながら全区間の列車運行状況を常に監視し、安全かつ効率的に行う。

ジムクロウ

レールを横方向に曲げる機械。分岐器用レールの横曲げや急曲線用レールおよびくせ直しなどに使用される。

車両基地

車両の修繕、整備、留置を行うほか、乗務員の拠点となる場所で、車両と一体で管理運営されている。旅客車基地、機関車基地、貨車基地に大別される。

車両限界

いかなる種類の車両もこれ以上の大きな形に作ってはいけないと定めた寸法。車両の横断面の大きさがこの限界内に入るように決められている。

車両接触限界標

線路の交差または分岐箇所で、各線路上にある車両が他の路線を支障しない限界を表示する標識。

車輪止め

側線のレール上に設ける、停止中の車両が本線に逸走しないための設備。

縦曲線

線路勾配が変化する箇所に挿入する縦断曲線。勾配変化が凸凹いずれの場合でも上下動揺加速度が大きくなり、乗り心地が悪くなる。これらの悪影響を緩和するために挿入する。

常電導磁気浮上式鉄道

常電導電磁吸引方式によって車両を浮上させ、鉄輪・鉄レールに非接触で支持してリニアモーターで推進させる輸送機関。

除雪機関車

線路上の雪を取り除く機関車。雪の多い地方で使われている。

新交通システム

広義には、既存の交通システムをハード、ソフトのいずれかにおいて改善するかギャップを埋めるもので、コンピューター技術を初めとする新技術を取り入れたもの。狭義には、機械式案内装置による操舵とゴムタイヤ支持を特長とするガイドウェイ方式の中量軌道輸送システムのこと。

新在直通運転

新幹線の高速性を広範囲に拡大するために、新幹線と在来線を直通運転する方式。新幹線と在来線の乗り換え時間を解消することで到達時間の短縮を図っている。

深夜バス

都市部において深夜(23時以降)に割増し運賃で運行しているバス。

—————【す】——————

スーパー特急

新幹線鉄道規格新線のこと。新線部分は軌道構造がよいため在来線車両でも最高速度が160〜200km/h出せることからスーパー特急という。

スラック

車両が曲線部をスムーズに走行できるよう、曲線部において軌間を拡大すること。

スラブ軌道

プレキャストコンクリートスラブのことで、レールを支持固定して軌道に安定性をもたせることによって有道床よりも列車のスピードを上げることができる。

RRR[スリー・アール]工法

RRRはReinforced Railroad with Rigid Facing Methodの略で、ジオテキスタイルやアンカーボルトの補強材と薄いコンクリート擁壁を用いて鉄道盛土のり面や切土のり面を急勾配に施工する工法。

—————【せ】——————

線路閉鎖

軌道内作業、土木工事および保線作業などのために線路を不通(通行不可)にする場合、工事の開始から終了まで、その区間に列車を侵入させないようにすること。