土木・建設用語辞典

【鉄道】 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

【た行】

—————【た】——————

第一種鉄道事業

鉄道施設の建設から保有、運送まで一貫して行う事業。

第三種鉄道事業

他の事業者(第二種鉄道事業)に建設した施設をもっぱら利用させる事業、または他の事業者に譲渡する鉄道施設の建設事業。

第二種鉄道事業

他の事業者が保有する鉄道施設を使用して運送を行う事業。

タイプレート

レールの安定と固定を目的に、枕木とレールの間に挿入されている鋼板。通常、木枕木に使用される。

ダイヤモンドクロッシング

2つの軌道が同一平面で交差する場合に用いられる分岐装置。固定式と可動式があり、交差の番数が8番以上では軌道構造上無誘導状態を防護できなくなるため、可動式を使用する。

脱線防止ガード

軌間内に敷設するL形鋼。脱線を防止するために、急勾配または勾配変更点付近の曲線部分などに敷設する。

短距離輸送システム

おおむね2km以内の距離をサービスする交通システム。動く歩道に代表される連続輸送型、車両が編成され移動するキャビン型があり、乗り換え距離の長い駅や大規模なビル間の輸送に適用される。

短枕木

左右のレールを別々に支える、ブロック状の短い枕木。

—————【ち】——————

地下高速鉄道建設費補助

公営地下鉄が新線建設や大規模改良工事を行う際に受ける補助制度。補助金は建設工事当年度に一括交付され、国と地方公共団体の負担割合は半々となっている。

中量軌道輸送システム

従来の鉄道とバスの中間ぐらいの輸送力をもち、車両定員は20〜60人程度が多い。車両は専用の軌道上を走行し、コンピューター制御による自動運転を行うこともある。

超電導磁気浮上式鉄道

超電導磁石による誘導反発方式によって車両を浮上させ、鉄輪・鉄レールに非接触で支持してリニアモーターで推進させる輸送機関。

直上高架化工法

移動式の施工機械、型枠・支保工などを使用し、営業中の鉄道を運行させながらその直上に新しい高架構造物を建設する一工法。

—————【つ】——————

継目板

レールとレールを接続する際に使用する添え板のこと。普通継目板・異形継目板・絶縁継目板に大別される。

継目板ボルト・ナット

継目板とレールの締付けに使用する。

—————【て】——————

TGV[ティー・ジー・ブイ]

Tres Grande Vitesseの略で、フランス国鉄の超高速列車。

TTC[ティー・ティー・シー]

Total Traffic Control systemの略で、信号保安装置とCTCおよび計算機システムを結合した総合列車運行管理システム。列車運行制御のプログラム制御と案内放送や案内表示、列車遅延表示などの集中コントロール化によって輸送業務の省力化・効率化を図るもの。

締結装置

枕木、コンクリート道床、スラブ軌道などにレールを取り付ける装置。

鉄道建設公団民鉄線利子補給

三大都市圏の私鉄ニュータウン線建設、既存路線の複々線化などの大規模な工事に対する補助制度。公団P線補助。

鉄道事業法

鉄道事業、索道事業(ロープウェイ)、専用鉄道を対象に、事業の実施や変更において必要となる許認可の内容を定めている。

デマンドバス

迂回ルートを路線バスの運行路線の中に設け、利用客の要求に応じて迂回する運行形態。

テルミット溶接

接合するレールに設置した鋳型に溶鋼を鋳込んで溶接する方法。

—————【と】——————

道床

砕石・砂利などでレールと枕木を支持して、列車荷重を路盤に分析する軌道の部分。

特定都市鉄道整備積立金制度

大都市圏において複々線化など大規模な輸送力増強工事を行う事業者が、運賃収入の一部を非課税で積み立て、これを工事資金に充当する制度。

都市モノレール

法律によって以下の4条件を満たすものとして定義されている。@一本の軌道桁に跨座または懸垂して走行する車両によって人または貨物を輸送する施設。A一般交通の用に供するもの。B軌道桁は主として道路法による道路に架設されるもの。C路線の大部分が都市計画区域内に存するもの。