土木・建設用語辞典

【トンネル・地下構造物】 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

【ま行】

—————【ま】——————

巻厚

覆工の厚さ。

増し吹付け

所定の吹付け厚さで吹き付けたコンクリートの内側に、補強のため吹き付けるコンクリート。

増しボルト

所定のピッチで打設したロックボルトの、ボルトとボルトの間にさらに打設するロックボルト。

増し枠

既設の支保工の内側に補強を目的として建て込む支保工。

マテリアルロック

圧気トンネル掘削のずり出しやトンネル構築に必要な材料の搬入を行うためのロック。

マンロック

両端に出入り用の気密扉を設け、坑外側には、ロック内とトンネル内の気圧を知る圧力計、給気管、排気管の操作弁が付き、出入時の操作ができる構造のもの。

—————【み】——————

水抜きボーリング

地山中の作業箇所の地下水位を低下させ、切羽の掘進を容易にするためのボーリング。

密閉型シールド

カッターディスク後方に隔壁を設け、切羽の安定を図る構造をしたシールド。

みみかき

穿孔後、孔内の清掃に使用する大きなみみかき状のもの。「キュレン」とも。

—————【む】——————

ムーバブルジャッキ

シールドマシンに取り付けてムーバブルフードを推進させるジャッキ。

迎え掘り

工期短縮を目的として、掘削方向に対し、逆方向からも掘削を行うこと。

—————【め】——————

迷走電流

照明、動力の電気機器からの漏電や雷の放電により地中に流れる電流のこと。「漏洩電流」とも。

メッセル工法

メッセル矢板をジャッキにより地山に順次圧入し、矢板の内側を掘削する工法。

—————【も】——————

元押し工法

管の推進を立坑に設置したジャッキによって行う工法。

モンモントリ

削孔の際、のみの先端がはね回るのを押さえて正しくのみ孔をつけること。「口切り」とも。